【これはいい!】膝や関節の痛みに効く薬【2017最新】ランキング

通販薬で膝痛や肩痛や関節痛に効くと言われる、一般用市販薬が最近多くなっています リョウシンJV錠、トンデケア、ビタトレールなど2017最新市販薬をランキングしました
MENU

膝や関節痛の痛みを自分で治す!効果的な第3類医薬品ランキング

ありすぎて迷ってしまうランキングにしました!

 

膝や関節の痛みに悩んでいませんか?

 

「毎朝、起きると一番にヒザのことが気になる」
「立ち上がる時に痛みが気になる」
「階段を下りる時に辛い」

 

こんな症状が毎日続くと、動くこと自体が億劫になってしまいますよね。

 

整形外科に行っても、結局原因がわからず、「MRIを撮ってみないと詳しいことはわからない」と湿布薬を渡されるだけ・・・。
膝の痛みは治らないのに、どんどん湿布薬だけ溜まっていく・・・。
このような方も多いのではないでしょうか。

 

もしあなたが、膝の痛みを治すために整体・接骨・カイロプラクティス・鍼灸療法などの民間療法を検討しているなら、自宅で治すという選択肢もあります。

 

今回は、病院での治療から、自宅でできるサプリメントなどの対策まで幅広くご紹介していきます。

 

◆病院ではどのような膝痛み薬が処方されるの?治療方法は?

 

おそらく、多くの方が膝の痛みの症状に悩んだら、まずは病院に行くでしょう。
病院で行われるであろう一般的な治療の方法と処方薬をお伝えします。

 

内服・外用薬

 

【オピオイド系】

 

オピオイド系とは簡単にいうと麻薬性の鎮痛剤のことです。

 

内服、注射、湿布、座薬など様々な形状で処方されます。

 

モルヒネ…痛みを脳に伝える情報伝達を遮断することによって鎮痛します。

 

※モルヒネの副作用
モルヒネは医療用麻薬と呼ばれており、陶酔性、依存性があります。

 

重篤な副作用を起こす場合もあり、長期間、多量の服用を続けると、不眠やけいれん、幻覚などを発症することもあります。

 

軽度の副作用として起こりえる症状としては、便秘、眠気などです。

 

医師の処方の元、しっかり経過観察をしていれば、重篤な副作用を起こすことはまずありませんが、そのような症状を起こす可能性がゼロではないことを念頭に入れておいてくださいね。

 

軽度の副作用である便秘、眠気といった症状はどの薬でも起こりがちなものですのでさほど心配することはないでしょう。

 

【非ステロイド系(NSAIDs)】

 

非ステロイド系とは、ステロイド薬以外の、消炎・鎮痛・解熱作用を持つ薬のことです。
消炎鎮痛薬とも呼ばれています。

 

ボルタレン…痛みを増幅するPG(プロスタグランジン)の働きを阻害して、痛みを軽減させます。
痛みを軽減させる力は優秀ですが、残念ながら、炎症を根治する能力は持ち合わせていません。
主に、内服、テープ薬、塗り薬で処方されます。

 

※ボルタレンの副作用
PGには痛みを起こす作用とは別に、胃の粘膜を保護するという働きを持っています。
ボルタレンを使用することにより、この保護作用を阻害してしまい、胃のむかつきや発疹を引き起こす場合があります。

 

胃痛をはじめ、ひどい場合は胃炎や胃潰瘍・大腸炎などを引き起こしてしまう可能性もあるので、長期間の服用は控えたほうがいいでしょう。

 

 

ロキソニン…解熱・鎮痛剤です。細胞の炎症による痛みを増幅するPGE2やPGI2の働きを抑える作用があります。
こちらも、痛みを抑える効果はありますが、炎症自体を治療する能力はありません。
主に内服、テープ薬、塗り薬で処方されます。

 

※ロキソニンの副作用
ボルタレン同様、PGの働きを阻害する薬であるため、胃腸関係の副作用があります。

 

【神経系】

 

神経の痛みには一般的な鎮痛薬では効果が不十分であることがあるため、神経へ働きかける鎮痛薬を処方される場合もあります。

 

リリカ…NSAIDsが効きにくい神経由来の痛みに効く、神経障害性疼痛薬です。
モルヒネとの併用には注意が必要です。
また、眠気やふらつき、頭痛などの副作用を起こす場合などがあります。

 

現在は内服薬だけの処方となります。

 

 

ブロック注射…痛む部位の神経付近に麻酔薬を注射することで、痛みを取る治療法です。

 

立ち上がって歩くこともままならない重度の関節痛などに適用される場合があります。

 

主に、
・局所麻酔剤
・アルコール
・ステロイド剤
などの成分が注入されますが、痛みの部位や度合いに応じて異なります。

 

ブロック注射は、「その時だけの鎮痛」で、「薬が切れたら元の状態に戻ってしまう」と思われがちです。
しかし、その治療の効果は一時的なものだけではありません。

 

痛みにより部位の筋肉や神経が緊張→血行が悪くなる→痛みが増す
といった悪循環を断ち切り、徐々に症状が和らぐという効果もあるのです。

 

ただし、関節周囲炎など関節外の症状には効きません。

 

疑似関節注射…関節の動きを円滑にして磨耗を抑え、痛みを抑える治療法です。

 

関節中の軟骨成分が破壊される変形性膝関節症や膝蓋軟骨軟化症などに有効です。

 

保険内治療ではヒアルロン酸という保湿液が関節内に注入されます。
ヒアルロン酸は、関節軟骨や関節液に含まれる成分で、関節の動きをスムーズにする働きがあります。

 

関節同士の干渉が軽減されることによって
・炎症や関節の痛みを抑える
・関節の動きを良くする
・軟骨のすり減りを抑える
といった効果が期待できます。

 

ヒアルロン酸は元々体内に存在する成分でもあるため、この疑似関節注射の場合は重篤な副作用はありませんので安心といえるでしょう。

 

◆薬局やドラッグストアではどのような膝痛み薬が買えるの?

 

膝の痛みに悩まされる方の中には、病院に通い、前述したような治療や、ロキソニンやボルタレンなどの薬を処方されたことのある方も多くいらっしゃるでしょう。

 

病院へ行くメリット

・薬以外の治療を受けられる
・医者が薬を処方してくれるので安心
・保険がきくので安い

 

といったことが挙げられます。

 

しかし

・病院は待ち時間が長くて時間が拘束されてしまう
・薬が処方されたら、処方箋を薬局へ持っていき、更に薬局で待たされる

といったデメリットもあります。

 

時間に余裕のない方や、病院で待つのが苦手な方は、多少高くなっても薬局やドラッグストアで薬を買った方が良いという人も多いのではないでしょうか。

 

最近は大きな薬局も多いので、トイレットペーパーなどを買い物するついでに、ささっと購入することもできてしまいます。

 

では市販ではどのような薬が買えるのでしょうか?

 

ロキソニンS…薬局で購入できます

 

比較的服用に注意が必要な医薬品であり、指定第2類医薬品に分類されているため薬剤師の説明を受けることが必要です。
一部通販で購入することも可能ですが、通販の場合は薬剤師による適正使用の確認後に発送される場合があるようです。
病院で処方される「ロキソニン」と同処方のものが購入できます。

 

ボルタレンEXシリーズ…薬局だけではなく通販でも購入が可能です。

第2類医薬品であり、塗り薬である「ゲル」や貼り薬である「テープ」など、様々な形状で販売されています。

 

 

◆通販で購入できる膝痛み薬ランキング(第3類医薬品)

膝関節痛み薬,口コミ,膝肩痛み薬,ランキング

リョウシンJV錠の特徴

<有効成分>
フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
(フルスルチアミンとして) 109.16mg (100mg)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 1,500μg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)
(dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして) 103.58mg (100mg)
パントテン酸カルシウム 30mg
ガンマ-オリザノール 10mg

価格 1,900円
評価 評価5
備考 初回限定価格です。2回目以降は通常価格ですが継続購入割引制度あり
リョウシンJV錠の総評

初回価格が安い! テレビCMでもよく見るんで、皆さんお馴染みかも知れませんが、リョウシンJV錠は比較的良心的な価格設定で始めることができます。
膝の痛みによく効く理由は、フルスルチアミン塩酸塩。
これが配合できるギリギリの量入っているんです。

フルスルチアミンとは、聞いたことはあるけど、何なの?と感じる方もいると思われます。 フルスルチアミンはビタミンB1誘導体といわれるものです。

ビタミンB1は健康維持には欠かせない成分で、脳や神経の働きを正常に保つ作用があります。これが減少すると、神経通や関節通などが起こるのです。

もうひとつ代表的な成分ではγオリザノールです。こちらは自律神経と深く関わる成分です。 自律神経は、交換神経と副交感神経が交互に覚醒することで体が成り立っています。どちらかのバランスが崩れてしまうと体調不良を引き起こしたり、交換神経が優位に立ち過ぎると筋肉や神経が緊張状態となり、血行が悪くなってしまいます。そのような状態で関節痛や関節炎を誘発してしわないようにというものです。


グルコサミンサプリなどで何とかしようと思っている方も多いのですが、サプリメントはあくまで健康食品なので、効果を感じるのが、2〜3ヶ月は飲み続けてどうかと言う事になるので、やはり第3類でも医薬品の力は期待できます。

私も初期はまずこれを飲みながら、グルコサミンサプリを併用しました。
早急に痛みに対しての効果を期待するのであれば、初回限定格安価格のリョウシンJV錠をおすすめします。

膝関節痛み薬,口コミ,膝肩痛み薬,ランキング

トンデケアの特徴

特徴的なCMやネーミングが記憶に残るトンデケア
あきさんや親方のテレビCMも最近よく見るようになりました
他の商品よりは比較的後発組になりますので、必要な成分は網羅されています。
リョウシンJV錠との違いはある成分があるかないか <有効成分>ニコチン酸アミド60mgがトンデケアに入っているところ <初回価格>そのせいかトンデケアの方が初回は少し割高です
定期購入価格で割引が、1回目で定期購入の停止可能!!

価格 3675円
評価 評価4.5
備考 初回限定25%OFF価格(税抜き価格)
トンデケアの総評

フルスルチアミンとして/100mg
ビタミンB6/100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12)/ 1,500μg
ビタミンEコハク酸エステルカルシウム/103.58mg
(dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして/100mg
ニコチン酸アミド/60mg
パントテン酸カルシウム/30mg
ガンマ-オリザノール/10mg
※添加物:ヒドロキシプロピルセルロース、マクロゴール、タルク、炭酸Ca、乳酸Ca、ケイ酸Ca、カルメロースCa、セルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、アラビアゴム、酸化チタン、白糖、カルナウバロウ、リボフラビンリン酸エステルNa

膝関節痛み薬,口コミ,膝肩痛み薬,ランキング

ビタトレールの特徴

ビタトレールEXPの配合成分はもちろん、添加物も他と同じで、製法だけが違います。 リョウシンJV錠と同様の成分ですが、購入方法の選択肢が少ないので、定期購入やまとめ買いをすると、リョウシンJV錠より少し価格が高くなります。 1瓶ごと買うなら、価格優先でビタトレールEXPのほうが安いのでオススメです。

価格 3,980円
評価 評価4
備考 第3類医薬品 363錠入りで量が多い

煩わしい膝の痛み。

 

膝が痛くて、動くのも億劫なのに、定期的に病院に通ったり、ドラッグストアに行かなければならない・・・けれど薬を買いに行かなければ激痛に耐えられない・・・。
そんな悩みをお持ちのあなた!
今はスマホで5分も操作すれば、1週間後には手元に届く第3類医薬品があるのをご存知ですか?

 

しかも通販で購入すると
・買いに行く手間が省ける
・定期購入があり、お安く購入ができる
というメリットがあります。

 

定期購入というのは、初回価格がお得であったり、特典として月々数%〜数十%の割引が適用されたりして、とってもお得な制度なのです。

 

また、種類も豊富で、様々なものから選ぶことができます。
サプリメント的な側面を併せ持っていて、ビタミンCやヒアルロン酸など、根本治療の足掛かりとなるようなサポート成分が含まれている商品もあります。
とても魅力的ですね。

 

しかし、魅力的な反面、様々なサポート成分が含まれているが故に、第3類医薬品の選びにくさにつながっているともいえるでしょう。

 

ここでは「膝痛」に効果のある第3類医薬品をランキングにしていきます。

 

 

1位 リョウシンJV錠

 

リョウシンJV錠のCMを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

リョウシンJV錠は、医薬品有効成分であるフルスルチアミン塩酸塩を上限値まで配合しているのが特徴です。

 

関節痛に悩まされる人なら一度は耳にしたことがあるであろうフルスルチアミン。
別名は「ビタミンB1誘導体」です。
ビタミンB1を安定化させたもので、この名前の方がぴんとくる方も多いかもしれません。

 

ビタミンB1には神経伝達をスムーズにする役割があります。
老化によってビタミンB1が減少すると、神経痛や関節痛などの痛みを引き起こします。
年を重ねてきたら積極的に摂取していきたい成分といえますね。

 

また、リョウシンJV錠には、γオリザノールという成分が配合されていますが、これは、米から作られる油脂に含まれている植物性ポリフェノールの一つです。

 

自律神経に働きかけて機能を正常化させたりする効果があります。

 

自律神経には緊張をつかさどる交感神経と、リラックスを促す副交感神経が存在しますが、交感神経が働き過ぎると筋肉や神経が張り詰め、血流が鈍化し、関節炎を引き起こしたり、すでに起こっている関節炎を悪化させてしまいます。

 

γオリザノールは、これを正常に戻すように働きかけてくれる成分なのです。

 

このように、リョウシンJV錠は、様々な角度からで痛みにアプローチしてくれるので、あらゆる原因の痛みに効果を発揮します。

 

2位 ビタトレールEXP

 

リョウシンJV錠のジェネリックとも呼ばれる第3類医薬品です。

 

配合されている医薬品有効成分は元より、添加物の種類まで同じで、リョウシンJV錠と同じ効き目があり、良い製品です。

 

じゃあ何が違うの?と、気になりますよね?
リョウシンJV錠と大きく違うところは製法、価格帯の2つです。

 

リョウシンJV錠のジェネリックと言われる位なのでもちろん価格は安くなっています。

 

しかし、リョウシンJV錠と比べると購入方法に選択肢が少ないという点もあります。

 

定期購入やまとめて購入する場合、初期投資が高くついてしまったりすることもあります。

 

1瓶ずつ購入する場合は、リョウシンJV錠よりビタトレールEXPの方が安く購入できたりもしますので、比較検討をして、自分に合った買い方をすることをお勧めします。

 

 

◆関節痛を根本から改善してくれる膝痛み薬・サプリメント

 

病院で処方してくれる薬や、市販の医薬品などは、痛みを緩和するのにとても効果的です。
しかし、基本的に対処療法ですので、痛みの原因を根治するのは難しいことが多いです。
また、このような薬は、長期的に服用することはできません。

 

根本から痛みを改善していきたいと思っている方は、痛みが別の病気に由来しているものでない場合は、医薬品とサプリメントを併用するという手もあります。

 

「医薬品」で表面的な痛みに対処しながら、グルコサミンやコンドロイチンなどの関節に効果のある「サプリメント」で根本的な原因にアプローチし、症状を緩和していく。
このような方法もありますので、是非試してみてくださいね。"

更新履歴

メニュー

このページの先頭へ